2006年10月27日

ソフトバンクモバイルの戦略

民間団体である情報通信政策フォーラム(ICPF)が主催するセミナー「ソフトバンクモバイルの戦略」に参加してきました。
http://www.icpf.jp/archives/2006-10-11-1552.html

講演者は、この9月からソフトバンクモバイル副社長兼CSO(最高戦略責任者)、技術統括を務めている松本徹三。

経済学者でICPFの事務局長でもある池田信夫が「auはなぜつながりやすいのか」という記事で、松本副社長の過去の仕事ぶりについて紹介しています。
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/3bcb1e4c8789095a9a1ab608c0c3166b

セミナーの内容はというと、おしゃべり一杯、新しい情報ちょっぴり。といったところでしょうか。興味深い話は沢山聞けたのですが、どれもソフトバンクモバイルの記者会見やリリースの域を出ないというか、松本副社長の言葉の選び方に、非常に慎重な姿勢を感じました。
逆にいえば、ソフトバンクモバイルは、まだまだ明らかにできない企画をたくさん抱えているということではないでしょうか。

それでも質疑応答の時間に入ると、ジャーナリストの方が水を向けて、基地局不足を解消するためにウィルコムを買収するかも?なんて冗談も飛び出しました。誰も本気にはしていないようでしたが。

私は、専門的な話はよく理解できなかったのですが、松本副社長がちらっと漏らした、孫正義社長とボーダフォン側の叩き上げ役員との意見対立は、興味深いものがありました。
事業のコストダウンやスピードアップを求める孫社長に対し、ボーダフォン側の役員はこれまでの経験から慎重な方針を堅持しようとする。
孫社長が松本副社長のような、KDDIと関わりの深い、いわば「外様」の人物をCSOに据えたのは、そういう背景もあってのことなのでしょうね。

動きが激しいだけに色々問題も抱えるソフトバンクの内部事情が垣間見えたように思います。にもかかわらず、松本副社長は、新しい仕事が楽しくてたまらないようでした。



2006年10月27日 つけたし

そうそう、池田信夫 blogで取り上げられていた「フェムトセル」という話がありましたね。アメリカのなんとかという調査会社が書いていたような…。

無線LANと一体にするってところが、今やってるホームアンテナと違うようですね。家庭に携帯電話の基地局を置かせてもらうという、携帯電話版FON?というかジャパンワイヤレス(…知ってます?)みたいな話でした。家庭に置かせてもらえば安くあがる!みたいなことはみんな言ってましたねぇ…うまくいくといいですが…。

「でも契約した人が引っ越しちゃったら困るんじゃ…」
という質問に対して、松本副社長は
「オフィスなどに限られるかもしれません。検討中です」
というようなお答えでした。オフィスだって引っ越しますが。

どっちにしろ管理コストが大変そうです。設置先としてはYahoo! BBの加入世帯なんかを考えてもいいとは言ってました。ただ、それだと地域にばらつきがありますしねぇ…。

FMCって…シェアを広げる役に立つのだろか…。あ、でもうちはYahoo! BBだし、「基地局置いてくれたら、料金安くしますよ!」って言われたらソフトバンクに乗り換えるかも。
毎日、基地局を掃除してあげたら1000円、エアコンのある部屋に置いてあげたら2000円、みたいに安くなると面白いんですけどね。さらに基地局がネコやパンダの形をしてたら愛着も湧くような…。お粗末。
【関連する記事】
posted by クリッパー at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。