2007年01月31日

ライブドアが自前の報道部門を閉鎖

かつてライブドアのネットメディア部門の責任者がガ島通信のインタビューに答えて「普通にポータルサイトのビジネスを考えるとコンテンツ制作のレイヤーに踏み込むのは難しい」、要するに儲からない、といってましたが、結局閉鎖です。

独自メディアを目指した堀江元社長の路線を受け継ぐライブドアにとっては、損になると分っていても最後まで続けたかった部門でしょう。ただ、ヤフーをはじめどのポータルも自前の記者陣を抱えてはいませんし、ライブドアだからと意地をはれる財政状態でもありませんから、いたし方ことです。

またライブドアの既存メディアへの挑戦に反感を持っていた側からすると、大いに溜飲を下げることではあります。

ちなみに、PJニュースは別法人化しています。ライブドアの自社報道部門が廃止されても、独自メディアへの展望は残せると考えているかもしれません。
もっとも記事の雰囲気からすると、ライブドアの社内記者は大手メディア(新聞系)で訓練を受けたらしい感じがしますが、PJは個人ブロガーと変わりありません。

ライブドア以外のネットメディアに売り込むのは、ちょっと難しい感じ。J-CASTニュースも似た雰囲気ですが、あれはあれで週刊誌系のツボを抑えてるのか、うけはいいようです。

色々考えてしまいましたが、ま、いっか。
読者がCGMを求めてるんだし!とオチをつけます。
あ、CGMは…やっぱり困るなぁ…。
posted by クリッパー at 01:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ライブドアニュースはライブドア事件のせいで中途半端な存在になってしまったと思います。

ライブドアニュースは第一報を取材する「通信社」、PJは論評を加える「新聞社」という関係だったのではないでしょうか。

Posted by Piichan at 2007年01月31日 05:46
>ライブドアニュースは第一報を取材する「通信社」、PJは論評を加える「新聞社」という関係だったのではないでしょうか。

新聞社は論評が主というわけでは…いや、言い得て妙かもしれませんね(笑)
Posted by ueki at 2007年02月03日 01:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。